GOURMET

キャンプのお供は、オリーブオイルで決まり?!

キャンプのお供は、オリーブオイルで決まり?!

最近人気のキャンプやグランピング。 

自然に囲まれて過ごすひとときは、気分もリラックスでき、子ども達は非日常に大喜び。 

 

そんなアウトドアのお楽しみを1つ挙げるとしたら「キャンプ飯」ではないでしょうか。 

外で食べるご飯は、自然の木や川の音、わくわく感、特別感、全てがご馳走となり、家で食べるよりもなんだか美味しく感じますよね。 

 

しかし、どんなに楽しい時間を過ごしても、家に帰ってくるとたくさんの荷物の片付けが待っている・・・。解決策は、「荷物はなるべく少なくする」こと。 

今回は、荷物を減らして美味しいキャンプ飯が楽しめる、「万能調味料」として使える「オリーブオイルの使い方」についてお話ししていきたいと思います。 

 

目次 

1.キャンプにオリーブオイルがオススメな理由 

2.使い分けると楽しいオリーブオイル 

3.キャンプでもヘルシー料理を楽しめる! 

 

 

1.キャンプにオリーブオイルがオススメな理由 

オリーブオイルは、サラダにかけたり、炒め物、揚げ物など、調理の幅がとっても広いんです!しかも、風味豊かで酸化しにくいオイルなので、生食も加熱調理もOKという両刀使い! 

 

特にキャンプ1日目の昼食は、開場時間の関係やテント張りなどで時間がないことが多く、子どもは空腹が限界に達してしまう・・・、なんてことありませんか? 

そんな時、「なるべくパパっと作れて美味しい物を食べたい」という方も多いのではないでしょうか。 

オリーブオイルがあれば、切ったトマトとモッツァレラチーズに塩とオリーブオイルをかければ美味しくてヘルシーな1品が出来上がりますし、キノコや厚切りベーコンなどのアヒージョや、なんならパンにつけるだけでも満足度の高い食事が楽しめ、とても便利なんです。 

 

2.オリーブオイルの使い分け 

オリーブオイルには、大きく分けると2種類あるのをご存知でしょうか。 
「エキストラバージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」の2種類です。 

 

エキストラバージンオリーブオイルは、オリーブの風味が豊かで、サラダにかけたりパンにつけるなど生食用に向いています。 

逆にオムレツなど、あまりオリーブオイルの風味を出したくない料理には、ピュアオリーブオイルがオススメ。また、ピュアオイルの方が高温でも煙が出にくいため、キャンプでの加熱調理にもオススメです。 

 

 

3.キャンプでもヘルシー料理を楽しめる! 

キャンプ飯というと、バーベキューなど肉料理が多く、女性にとっては「ちょっとお野菜が食べたいな」と思われることもありますよね。そんな時にもオリーブオイルが大活躍!カット野菜と良質なオリーブオイルがあれば、簡単に身体も喜ぶヘルシー食事がキャンプで楽しめますよ。また、オリーブオイルには美容や健康に良いビタミンEやポリフェノールが豊富に含まれているのも嬉しいですよね。 

 

良質なオリーブオイルは、まるでバターのような濃厚さも感じられ、これ1つで様々な料理が楽しめます。いろいろな料理に応用がきくオリーブオイル。キャンプ飯の味つけはオリーブオイルと塩だけで決まります。ぜひ手軽にキャンプを楽しんでくださいね!  

あなたへのおすすめ